Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

カテゴリ:川崎 由華( 90 )

2014年 08月 27日

自分らしい生き方ができるような薬の選択を!

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの川崎由華です。

ジェネリック医薬品、服用されたことがあるでしょうか?

ジェネリック医薬品とは、新薬として開発された薬の先発医薬品の特許が切れた後に、同じ成分を使って同じの効果が得られるように作られた薬です。

新薬とは違って研究開発費がかかっていない分、ジェネリック医薬品は新薬の2~7割という安い値段がつけられています。

その安さは、私たちの医療費負担だけでなく、国の医療費負担を減らせることに繋がります。

調剤薬局で薬剤師さんから「ジェネリックにされますか?」と尋ねられたりもするのは、医療費削減の面からジェネリックを推奨し、国としてジェネリックの使用割合の目標値を定めているからです。

その使用割合は毎月伸張し続けてきていましたが、今年7月度において、国の目標値である60%を10%も上回る70.0%に達したと、薬事日報が報じています。

この数字は、先発医薬品(新薬として最初に発売された薬)がどのくらいジェネリック医薬品に置き換わったのか、数量ベースでの割合です。

長期に渡って日々飲み続ける薬であればあるほど、ジェネリック医薬品を使うことによる医療費削減の効果は大きいため、ジェネリック医薬品を選択されている方も多いでしょう。

また最近では、高額な抗がん剤やホルモン剤のバイオ医薬品にも、ジェネリック医薬品(バイオシミラー)が次々と販売されており、患者さんの家計を助けています。

お金の問題で治療を諦めざるを得なかった方が、ジェネリック医薬品のおかげで治療を受けられるのであれば、病気を治すだけでなく、病気と向き合えたことで得られるものも大きいでしょうし、お金では買えない効果があると思います。

ただし、薬の選択は資格を持ってこそできることであり、値段だけで選んでいいものでもありません。

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と有効成分は同じですが、使用している添加物が違うなど全く同じ薬ではないので、得られる効果や副作用が違ってくるケースも考えられます。

医師、薬剤師に相談しながら、自分らしい生き方ができるような薬の選択ができるといいですね。
[PR]
by lifeplaning | 2014-08-27 09:35 | 川崎 由華 | Comments(0)

2014年 08月 20日

最期のラブレター

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの川崎由華です。

8月15日の日本経済新聞の『経済気象台』に、10日にがんで亡くなった三菱UFJ信託銀行の灰谷健司さんが遺した言葉が載っていました。

「遺言書は愛する家族への最期のラブレター」

相続のプロフェッショナルとして、遺言書を遺産の分け方を記載する書類ではなく、人生を振り返って家族一人ひとりへの思いを伝える手紙と捉え、文章で書くことを勧めてらっしゃったそう。

身体のあちこちにがんが転移し、がんと闘いながら、灰谷さんがこのことを多くの方に伝えようと最期まで講演活動をされていたと知り、痛いほどこの言葉の重みと深さを感じます。

確かに、相続にまつわる個別相談をお受けした時に、相続が争続になることを避けるための手段として遺言書の話をすると、「遺言書までは考えてない」と遺言書というものに大きな抵抗感を持ってらっしゃる方は少なくありません。

遺言書として認められるためには、証書の種類によって証人がいったり、公証人役場での検認が必要だったり、いくつかの決まりがあります。

しかし、書く内容には決まりがありません。

一般的な遺言書にあるような箇条書きに遺産分割を記す形式ばった内容でなくてもいいのです。

灰谷さんが遺された言葉のように、遺言書は思いを伝えるラブレターとして捉えれば抵抗感も減り、自身の思いを綴ったうえで遺産分割を記すことで、遺された家族も穏やかな気持ちで受け入れることができるのではないでしょうか。

思い立ったが吉日。

家族への思いを込めた最期のラブレター、筆を執ってみてはいかがでしょうか。
[PR]
by lifeplaning | 2014-08-20 03:08 | 川崎 由華 | Comments(0)

2014年 08月 13日

造幣博物館へ行ってきました

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの川崎由華です。

長い長いと思っていた子どもたちの夏休みも、もう半分以上が終わりました。

わが子は、これから理科や社会の自由研究など、オオモノの宿題に取り掛からねばなりません。

親はどこまで手を貸すものなのか、それとも本人任せで放っておいていいものなのか…皆さんはどうされているのでしょうか?

昨日は、FPを目指している大学生たちの勉強に、わが子たちも同伴させてもらい、一緒に大阪の造幣局内にある造幣博物館に行ってきました。

造幣博物館では、貴重な昔の貨幣や、世界各国の貨幣が展示されていて、貨幣の歴史を学ぶことができるだけでなく、今の硬貨の偽造防止技術についても子どもに分かりやすく説明がされています。

さてここで一つ、職員の方から出された質問を。

日本の硬貨は製造された年が刻印されている面と、そうでない面がありますが、どちらの面が表で、どちらの面が裏なのでしょうか?

答えは、公式にはどちらが表も裏もないそうです。

ただ、職員の方々は硬貨を扱うにあたり、分かりやすいように、製造年が刻印されている面を裏としているそうです。

私も子どもたちも、日々手にしている硬貨について、たくさん学んで帰ってきました。

造幣博物館で学んできたことも社会の自由研究になるかもしれませんね。

わが子がどのように仕上げるのか、忍耐力を持って見守ろうと思います。
[PR]
by lifeplaning | 2014-08-13 00:00 | 川崎 由華 | Comments(0)

2014年 07月 30日

がんに対するお金の備えをしていますか?

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの川崎由華です。

私はファイナンシャルプランナーとして、がんライフアドバイザーとして、定期的にがん患者さんのご相談をお受けしています。

がんになったことでのお金の困りに直面されている方のお話をお伺いしていると、健康な方のがんに対するお金の備えの意識について、改めて考えさせられます。

今の日本において、2人に1人が生涯のうちにがんになると言われています。

つまり、夫婦のうちどちらか、2人兄弟のうちのどちらかという確率で、がんになると言えるわけです。

これほどの確率であるにも関わらず、「がんのための備え=がん保険」という意識である方がほとんどで、がんになった時のためにと、がんのリスク専用の預貯金を準備して備えている方は少ないのではないでしょうか。

それは「自分はがんにはならないだろう」という思い込みと、世界的に見ても高い日本人の保険加入への意識が、根底にあるのかもしれません。

がんになった時、保険適用されている治療に関しては、健康保険の高額療養費制度を利用することで、1ヶ月に支払う医療費は8万円強に抑えることができます。

しかし、最近のがん保険のトレンドを見ても分かるように、がんになって起こり得るリスクは、一時的な支出だけではなく、働きながら通院し、継続して必要になってくる医療費であったり、がん治療による体力低下などによって思うように働けなくなるリスクです。

これらのリスクに対しての備えが不十分であると、がんになって治療が始まってからお金の困りに直面してしまい、限られた手だての中で模索していくことになってしまうのです。

がんへのお金の備えは、単にがん保険に加入していたらいいというわけではなく、起こり得るリスクに対応できるものであるかどうかが大切です。

公的保険で自分が受けられる制度は何なのか、加入しているがん保険や医療保険はどのような時にどのくらいの保険金がおりるのか、不足部分は預貯金で対応できるのか、自身や家族ががんになった場合を想定して、改めて考えてみてはいかがでしょうか。
[PR]
by lifeplaning | 2014-07-30 00:00 | 川崎 由華 | Comments(0)

2014年 07月 23日

短時間勤務制度を利用するママへ

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの川崎由華です。

私は11年前、結婚を機に勤めていた会社を退職する選択をしましたが、結婚し子どもを産んだ今も会社で働いている同期は何人かいます。

まだ幼い子どもを育てながらキャリアウーマンをするのは大変だろうなと思い、話を聞いてみると、短時間勤務制度を利用しているそう。

短時間勤務制度とは、1日の労働時間を原則として6時間と定めるもので、3歳になる前のお子さんを持つ方が利用できる制度です。

社会も大切な人材を失うことのないよう、育児・介護休業法の改正により、短時間勤務制度が全面施行されました。

仕事と育児の両立の可能性を広げるという点において、この制度は有益でしょう。

しかし、外から見ると非常に育児世代に理解があり魅力的に思える制度も、実際に制度を利用している友人たちに話を聞いてみると、思うように両立がいかないことも多く、こなせる業務と時間と評価の狭間で働き方について悩み、会社を辞めてしまおうかとも思うと。

友人たちの話は、同じく幼い子どもを持つ母親として、考えさせられる部分も多々ありました。

ただ、ファイナンシャルプランナーの目線で考えると、今後の選択をする際には、短時間勤務制度を利用して働いた場合のメリットも十分考慮してほしいとも思いました。

実は短時間勤務制度利用中は特別措置として、利用前の金額の社会保険料を支払うとみなし、将来の受給できる老齢厚生年金額は減ることのないようになっています。

今は気づきにくいでしょうが、老後にプラスとなる有難い措置です。

なかなか金額を掴むことは難しいでしょうが、このように今働いていることは、キャリアだけでなく、生涯通しての収入や将来の年金にも繋がっているのです。

育児は今が正念場、きっとあと数年もしたら、今の大変さが嘘のように、子どもは子ども時間を楽しむようになるのでしょうね。

それまでの間、家族の協力や周りの環境に合ったバランスを探しながら、育児と仕事を上手く両立していけるといいですね。
[PR]
by lifeplaning | 2014-07-23 13:46 | 川崎 由華 | Comments(0)

2014年 07月 16日

オバマ大統領の確定申告書

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの川崎由華です。

先日、税金の勉強の一つとして、オバマ大統領の確定申告書を見る機会がありました。

皆さんは見たことがありますか?

『ホワイトハウスブログ』に掲載されているので誰でも見ることができると、私も教えてもらって初めて知りました。

もちろん全て英語での書類であり、英語が得意でない私は四苦八苦。

結局、アメリカ帰りの近所の友人にお願いして、確定申告書の読み方を教わったのですが、知ってビックリ。

日本とアメリカでは所得税を納めるにあたってのルールの違いがたくさんあるのですね。

私が学んだことをご紹介します。

まず、日本の確定申告は各個人でするものですが、アメリカでは夫婦で収入合算して申告することができ、その方が受けられる控除が多いということ。

オバマ大統領も夫婦で収入合算して、確定申告をされていました。

また、日本は本来払うべき所得税より、源泉徴収された額の方が多かった場合には、還付という形で支払った税金をその年ごとに指定の金融機関口座に戻してもらいますよね。

しかし、アメリカは戻してもらわず、預けておくという形で、そこから来年分を支払うという選択もできるとのこと。

オバマ大統領は、預けておく選択をされたようです。

結局、確定申告を読み解くと、2013年度、約503,000ドルの収入があり、支払わねばならない所得税は約98,000ドル。

現時点で、既に約117,000ドルを源泉徴収されているため、差額の約19,000ドルが還付される(預けておく)よう。

7月15日時点で、1ドル=101.67円。

さすがアメリカの大統領と言わんばかり、私たちの生活とはかけ離れた金額であることは容易に想像がつきますね。

一枚の確定申告書から、大統領の収入や納税額だけでなく、国の税制が分かり、国の文化まで感じることができるなんて、面白いですよね。
[PR]
by lifeplaning | 2014-07-16 00:00 | 川崎 由華 | Comments(0)

2014年 07月 09日

超大型台風接近中!カーポートの屋根が飛んでいったらどうしよう?

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの川崎由華です。

先ほどのニュースでは、今、ものすごい勢力の台風8号が宮古島に最接近していると、暴風と高波、大雨、高塩に最大級の警戒を呼び掛けていました。

予想最大瞬間風速75メートル、総雨量400~500ミリなど、7月では過去最強クラスだと言われている台風ですが、このブログがweb上にアップされる頃には、日本がどのような状況になっているのか心配です。

そんな台風が接近してきているのも関わらず、私が住む宝塚は、今のところ暑いくらいの快晴で、私は朝から友人たちとテニスをしてきました。

友人たちとの会話も、やはり台風のこと。

「そんな大きな台風、わが家は耐えられるかな?特にカーポートの屋根が強風で割れちゃうんじゃないか、いつも心配になるんだよね。」

「どうする?カーポートの屋根が飛んでいって、隣の家の何かを壊しちゃったら。」

「あり得るよね。どうしよう、弁償だよね。保険って何か使えるのかな?」

どうでしょう?

強風で自分の家のカーポートの屋根が壊れ、屋根の破片が飛んで行った先が隣家で、隣家を傷つけてしまうというケース、他人事ではありませんよね。

このような場合、まず自分の家のカーポートの屋根の修理は、加入している火災保険からお金が出ます。

火災保険というと、火事の時にしか使えないと思い込んでいる方も多いのですが、落雷、風災、雪災、水災、外部からの飛来物なども補償する商品があります。

台風は「風災」に当てはまるうえ、また建物火災保険には、建物だけでなく付属設備や門や塀、物置や車庫なども建物に含まれるため、自宅のカーポートの修理は「風災」の補償がある火災保険でまかなえるでしょう。

最近の補償内容は被害の額に関わらず補償するものが増えていますが、以前のものには、被害の額が20万円以下でないと請求できない商品もあるので、確認が必要です。

また、飛んで行ったカーポートの屋根が隣家の何かを壊した場合には、自宅ではないので火災保険の風災は使えません。

他人をケガさせたり、モノを壊してしまうといった日常生活の賠償責任を補償する個人賠償責任保険が使えるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、自然災害が理由で起きた被害は、その被害が不可抗力によるものであるため損害賠償責任がないことから、保険はおりません。

ただ、カーポートが老朽化していたのに放置しておいたなど、日頃の管理が悪いことも原因と言えるならば、損害賠償責任も発生してくる、つまり個人賠償責任保険が適用される可能性があります。

可能性として考えられるリスクに対して、事前に保険を使って備えておくことも安心に繋がりますね。

とにもかくにも、この台風での被害が最小限であり、不自由な生活を送らなければならない方が少しでも少なく、早く元通りの生活に戻れますように。
[PR]
by lifeplaning | 2014-07-09 00:00 | 川崎 由華 | Comments(0)

2014年 06月 25日

がん患者さんの仕事とお金のお悩み相談室

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの川崎由華です。

先週水曜日の6月18日、私は兵庫医科大学病院で開催された『がん治療生活を支える~仕事とお金のお悩み相談会~キックオフ講演会』に参加し、がん患者さんのお金の相談をお受けするファイナンシャルプランナーとして、がんライフアドバイザーとして、これまでお受けした相談事例の発表をさせていただきました。

兵庫医科大学病院では、国のがん対策基本法のがん相談支援センターの要件に、がん患者さんの就労支援が追加されたこともあり、定期的な相談会の場を設けています。

これまで私は、その相談会の場で、社労士さん、看護師さんと共にがん患者さんのご相談をお受けしてきました。

がん治療で体力が奪われたり、副作用で体が思うように動かなかったりして、これまで通り仕事ができなくなったしまう患者さん、働きたい気持ちはあるのに職場から退職を促されてしまった患者さんもいらっしゃいました。

これまで通り仕事ができないというのは、いくら傷病手当金や私傷病休職制度で給与の一部を受け取っていたとしても、確実に収入は減ってしまいます。

そのうえ、いくら高額療養費制度を利用したとしても毎月何万円かの医療費、それ以外の通院費や自己ケアのためのお金を何ヶ月、何年も支出し続けなければいけない状況は、患者さんの家計にとって非常に負担の大きなものです。

がん患者さんのお金の悩みが、治療への気持ちを萎えさせたり、家族との関係がギクシャクすることに繋がっているケースもあります。

そして実際、ご相談をお受けしていく中で、漠然としたお金の不安が解消されたことで治療を受け入れられた患者さんや、家族のためにこれからの自分の生きがいを見つけられた患者さんの姿を見てきた私としては、悩めるがん患者さんがいる限り、このような相談会はたくさんの場で行われるべきだと思っています。

しかし、がん患者さんのご相談をお受けするというのは、ファイナンシャルプランナーや社労士の資格を持っていたら誰でもができるという簡単なものではないとも思っています。

なぜなら、就労支援を行うにしても、このがんで、このステージで、この治療をするということは、どのくらいの治療期間になるのか、どんな副作用が出てくるのかまで頭に入れたうえでお話をお伺いしていかないと、患者さんに適切なご提案もできないため、医療の知識も必要になるでしょう。

それに、ただ単に保険をどう使えばいいとか、公的制度はどう使えるとか、そんな簡単な話ではなく、患者さん自身の想い、家族との関わり、生き方を加味した上で、どうご提案していくかが大切になるのではないでしょうか。

また、命を預け、預かり、医療を施す場に、医療従事者以外が関わることの重みを感じ、きちんと場を踏まえたうえで取り組むべきことだとも感じています。

私自身、まだまだ勉強も経験も必要ではありますが、この講演会を機にまた気持ちを新たにし、誠心誠意、がん患者さんと向き合っていきたいと思います。
[PR]
by lifeplaning | 2014-06-25 00:00 | 川崎 由華 | Comments(0)

2014年 06月 18日

3本飲んだら1本分は税金!

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの川崎由華です。

先日、某ビール会社の第3のビールである人気商品が、第3のビールではないという可能性があり、そのために酒税を追納しなければいけないかもしれない、というニュースを目にしました。

私はアルコールに強くなく、ビールなのか発泡酒なのか、はたまた第3のビールなのか、飲んでも味の違いに気付かないのですが、結婚前、別のビール会社(部署は医薬部門でしたが)で勤務していただけに、とても興味深いニュースでした。

そもそも、発泡酒も第3のビールも、ビールより酒税額が安くなることを目的とし開発されたビール風のアルコール飲料。

350mlあたりの酒税は、
          ビール : 77円 (220円)
          発泡酒 : 47円 (163円)
      第3のビール : 28円 (142円)
 ノンアルコールビール : 0円 (147円)
              ※()内はコンビニにおける代表的な小売価格)
といった具合に、ビール会社から販売されている商品は、区分によって酒税額が大きく違うことが、販売価格の違いにもなって表れてきているわけです。

今回のニュースは、酒税が安価な第3のビールに分類し、それに見合った酒税を納めてきたところ、ビール相当の酒税を支払わなければいけない可能性が出てきたという話。

350mlの缶1本あたり、77円-28円=49円の酒税、これまでの販売本数2億本以上で計算すると約116億円もの酒税を、某ビール会社は追納しなければならないかもしれないそうです。

私たちはビール類を購入する際に、販売価格を気にはするものの、酒税を意識することはほとんどないのではないでしょうか。

安いと思って買う第3のビール缶は販売価格の約20%、発泡酒缶は約30%が酒税として、私たちは税金を負担しています。

もっと言えば、税抜き価格と酒税の合計額に対し、消費税が8%かかっているわけですから、第3のビールでは約27%、発泡酒缶では約36%が税金です。

つまり、発泡酒の350mlの缶を3本飲んだら、なんとそのうち1本分は税金なんですね。

そして、日本は他の先進国に比べ、国税のうちの酒税率が高く、私たち国民は酒税と消費税の二重の負担をしているのが現実。

そんな風に税金のことを考えながら飲むと、せっかくのお楽しみも美味しさも半減しちゃうかもしれませんけれど。
[PR]
by lifeplaning | 2014-06-18 00:00 | 川崎 由華 | Comments(0)

2014年 05月 21日

意外と知らない老齢年金の繰上げ繰下げ受給の仕組み

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの川崎由華です。

お金に関することならば幅広く何でも!という専門家がファイナンシャルプランナーですから、人生経験は別として、お受けするご相談の内容は本当に様々。

私よりもずっと年齢が上の方、母親よりも上の方のご相談をお受けすることもあります。

先日お受けしたのは、教育費の捻出には目途が立ち、子育てが一段落された方のリタイアメントプランについて、つまり退職後の生活設計についてのご相談でした。

退職後の生活設計は、楽しみにとっておいた夢や、理想の生活のイメージをお聞きしながら、公的年金を中心に、生命保険会社などで加入されていた個人年金、退職金を含めたこれまでの預貯金などで、いかにお金をやりくりしていくかを一緒に考えていきました。

事前にいろいろ勉強され、かなりご自身で知識を深められていた方でしたが、それでも「知らなかったです!」と驚かれた制度の仕組みをここで触れたいと思います。

それは、老齢年金の繰上げ受給・繰り下げ受給についてです。

繰上げ受給とは本来受給開始の65歳より前から年金を受け取り始めることで、65歳の時の年金よりも減額した年金額を生涯受給していきます。

繰り下げ受給とは、反対に65歳より後になってから年金を受け取り始めることで、65歳の時の年金よりも増額した年金額を生涯受給していきます。

これはよく知られていることですが、この繰上げ受給と繰り下げ受給は、老齢基礎年金(国民年金)だけでしょうか?老齢厚生年金についてはどうでしょうか?

実は、老齢基礎年金を繰上げ受給する場合は、老齢厚生年金も同時に繰上げ受給となります(男性は昭和28年、女性は昭和33年4月2日以降生まれの人)。

一方で繰り下げ受給に関しては、どちらも同時でなくてよく、老齢基礎年金を繰下げ受給して老齢厚生年金は65歳から受給する、もしくは逆に、老齢基礎年金は65歳から受給して老齢厚生年金を繰り下げ受給するといった選択ができます。

ご存知でしたでしょうか?

繰上げと繰下げの受給の仕組みは違うのです。

厚生労働省発表の平成24年簡易生命表によると、60歳男性の平均余命は約23年、女性は約28年。

子育て真っ最中の時には気付く余裕もないでしょうが、退職後の人生は子育て期間以上に長いものだと考えると、早い時期から退職後の生活設計を意識し、準備していくことの大切さが分かるのではないでしょうか。

老齢年金の繰上げ受給、繰下げ受給だけに限らず、しっかり制度の仕組みを押さえておきましょう。
[PR]
by lifeplaning | 2014-05-21 00:00 | 川崎 由華 | Comments(0)
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.