Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

カテゴリ:坂本 綾子( 12 )

2017年 03月 17日

返さなくてもいい!給付型の奨学金

ライフプランニング公式ブログ読者のみなさん、こんにちは!
ファインナンシャルプランナーの坂本綾子です。

今年も、出会いと別れの季節がやってきました。社会人になってン十年の私も、この時期は、昔を思い出したり、自分自身の生活も変化したりで、心が揺れ動きます。とはいえ、子供を持つ家庭では、感傷に浸ってばかりはいられない現実もあります。そう、学費の支払いです。

私立中学や私立高校の授業料は年間数十万円。大学は国立で約60万円、私立ではもっと高いところも多く、理系学部などは年間200万円弱というところも。入学時には別途数十万円の入学金もかかります。これを4年間、学部によっては6年間、大学院まで進むケースは6年から9年ほど支払うことに。子どもが2人以上いれば、掛ける子どもの人数。けっこうな負担ですね。

こういった状況から、奨学金を利用する学生が増えています。奨学金には、返済が必要な貸与型と、返さなくてもいい給付型がありますが、日本では貸与型が中心で給付型が少ないことが問題とされてきました。

これを受け、平成29年度進学者からは日本学生支援機構の奨学金に給付型が先行実施される予定です。大学や専門学校への進学者が対象で、利用するには家計支持者が住民税非課税という家計基準などを満たす必要があります。

また、東京都では小池都知事が私立高校の授業料無償化を打ち出しました。私立高校の平均授業料である約40万円を給付するというものです。授業料が給付額以上の学校に通わせる場合は、差額は保護者が支払うことになります。こちらも年収制限がありますが、760万円程度と言われていますから、中流家庭も受け取れます。実現したら、恩恵を受けられ家庭はかなりの数になりそうですね。大学では、給付型の奨学金を独自に出しているところもあります。

今後、給付型の奨学金は増えていくことが予想されます。子どもが将来、自分の力で生きていけるようになるための準備期間ともいえる学生時代。どんな学校を選び、何を学ぶかという進路と合わせて、利用できる奨学金がないか、お金の準備についてもしっかり情報収集したいものです。
a0112619_23292156.png

[PR]
by lifeplaning | 2017-03-17 23:31 | 坂本 綾子 | Comments(0)

2017年 02月 17日

専業主婦がiDeCo(イデコ)を使うなら

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの坂本綾子です。

昨年の秋より、iDeCo(イデコ)という言葉を耳にしませんか? これは個人型確定拠出年金のことです。老後のための資金を積立で準備する制度。確定拠出年金には企業型と個人型があり、個人型を利用できる人の範囲が、2017年1月から広がりました。そこで、iDeCo(イデコ)という可愛い愛称をつけて、加入を促しているわけです。

iDeCo(イデコ)は国(厚生労働省)が仕組みを考えて実施している制度で、利用すると税金の優遇があります。例えば所得税や住民税が安くなったり、金融商品の利益にかかる税金が非課税になったりします。

これまで入れなかった専業主婦も、2017年1月から入れるようになりました。ただし、専業主婦はそもそも所得税や住民税を払っていないため、大きな特典のひとつである所得税と住民税が安くなるということはありません。iDeCo(イデコ)の口座を持つと、どの金融機関を選ぶかにより金額は異なりますが、年間2000円~7000円程度の手数料がかかります。また口座開設時にも3000円程度の手数料が必要です。所得税と住民税を払っている人なら、これらの手数料を上回るくらいの節税効果がありますが、主婦の場合はこれがないわけです。運用がうまくいって手数料分以上に利益が出ないと、手数料で元本割れしてしまいます。

となると、専業主婦はiDeCo(イデコ)を使っても意味がないのでしょうか?

税金面でのメリットは小さくなりますが、収入のない専業主婦が自分の年金や退職金を準備できるという面はあります。

専業主婦の場合、毎月5000円以上2万3000円の間で、1000円単位で金額を決めて、60歳まで、定期預金や保険、投資信託で積立てることができます。月2万3000円の限度額いっぱいを積立てると年間27万6000円。暦年贈与の基礎控除の範囲内ですから、夫の収入から積立てても問題はありません。10年間では276万円になります。ここから仮に年間5000円、10年で5万円の手数料を差し引かれると271万円が積立の原資となります。10年間で5万円の手数料を超える収益を得られるか、どれくらいの利回りを得られるかは選択する金融商品と経済情勢などにより違ってきます。増えているか、減っているかはわかりませんが、60歳時の評価額が自分名義の年金や退職金になります。

専業主婦には退職金はありません。公的年金も会社員の夫に比べかなり少ないのが現実。iDeCo(イデコ)を使うことで主婦も退職金を自分で準備したり、公的年金に上乗せできる年金を持てるわけです。退職金代わりに一時金で受け取る場合、加入期間が10年なら400万円の非課税枠がありますから、積立てたお金のその時点の評価額が400万円未満なら非課税で受け取ることができます。年金として受け取るときには、公的年金と合算して公的年金等控除が受けられます。

今、40歳の専業主婦なら60歳まで20年間ありますね。今は専業主婦でも60歳までの間には仕事に復帰して所得税を払うようになるかもしれません。

現役時代の節税の観点で言えば、特典は小さくなりますが、自分名義の退職金や年金を持つ、そんな目的でiDeCo(イデコ)を利用するという考え方もあります。
[PR]
by lifeplaning | 2017-02-17 22:50 | 坂本 綾子 | Comments(0)

2017年 01月 20日

走りながら考える

ライフプランニング公式ブログ読者のみなさん、こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの坂本綾子です。

今年1月から、あるものが制度変更されました。あるものとは? 個人型確定拠出年金です。この加入者の範囲が広がりました。

確定拠出年金には企業型と個人型があり、企業型は勤務先で導入されれば原則入ることになります。一方、個人型は自分の意志で入ります。ただし、これまでは、自営業者や、勤務先に企業年金がない会社員が加入対象者でした。この1月からは、公務員や専業主婦なども入れるようになったのです。勤務先に企業型確定拠出年金がある人は勤務先により違ってきますが、それ以外の人は、ほとんどの人が利用できるようになりました。

昨年秋より、iDeCo(イデコ)という言葉をあちこちで見かけるようになり、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。加入者の範囲拡大を記念して、個人型確定拠出年金に付けられた愛称がiDeCo(イデコ)です。

老後資金を貯めるために投資をしようと思うなら、ぜひ活用したい制度ですが、利用する際のポイントが2つあります。

1つ目は、どれくらいの節税効果を得られるかを確認すること。①掛金の払込期間中の所得税と住民税、②運用益にかかる所得税と住民税、③受け取り時の所得税が優遇される仕組みになっています。

①は自分の所得税率がわかれば概算できます。収入がないか一定以下でそもそも所得税を払っていない主婦などは①の節税効果はありません。②は通常なら利益から20.315%引かれる税金が非課税に。最もわかりにくいのが③で、公的年金をどれくらいもらえるか、会社員なら退職給付がどうなっているか、また確定拠出年金の受取り方法により違ってきます。③については利用する金融機関に相談するか、FPなどにアドバイスを受けるのがおすすめです。

2つ目は、運用方針を決めること。iDeCo(イデコ)で利用できるのは、預金、保険、投資信託、3つのカテゴリーの金融商品です。中でも各金融機関が力を入れているのが投資信託の品揃えで、ここに特徴が表れます。投資信託は、投資先や運用方針により様々な種類がありますから、自分がどう運用するかを決めておかないと、なかなか選択できません。投資信託には信託報酬という手数料がかかるので、これも確認する必要があります。

こう書いてくると、敷居が高く感じる方もいることでしょう。しかし、習うより慣れろ。始めてみると、なるほどと分かってくることもあります。途中で掛金の額や金融商品の変更もできます。軌道修正も可能というわけです。

人間のタイプとして、考えてから走り始める人と、走りながら考える人に分類したりしますね。

iDeCoを利用した運用は、もちろん、よく考えてから走り始めた方がいいのですが、走り始めた後は何も考えなくていいわけではありません。むしろ、走りながら考え続けることが大事なような気がします。受け取りは原則60歳から。つまり若い人ほど、加入後の運用期間は長い。走りながら、ときどき考えていただければと思います。
[PR]
by lifeplaning | 2017-01-20 23:51 | 坂本 綾子 | Comments(0)

2016年 12月 16日

想定外の子育て費用

ライフプランニング公式ブログ読者のみなさん、こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの坂本綾子です。今回は子育て費用を取り上げたいと思います。

想定外のことってありますよね。我が家にとっては次男のテニスのための費用がそうです。

「テニスの王子様」の漫画を読んでテニスを始めた次男。「打てれば楽しい」から、「試合で勝ちたい」、「新しいラケットが欲しい」と欲求はどんどん高まります。大好きで一生懸命やっているのですから、当然と言えば当然かもしれません。

しかしテニスをしたことがない私は、テニス道具の相場も知らず、スポーツショップで○万円のラケットを見てびっくり。さらに練習量が増えると数千円のガットが1か月ほどで切れて張り直し。このガット代と張り代がバカになりません。切れなくても2カ月もすると張りたての状態とは変わってしまうため、定期的な張り替えが必要となります。さらにテニスシューズにユニホーム、試合の出場費、試合会場までの交通費、テニスクラブの会費……。

教育費と言えば、私立高校や大学の授業料、受験のための塾代などはすぐに思い浮かびますが、こういった費用はあまり想定していないのではないでしょうか?

小学生までの習い事、例えば体力作りのための水泳などは、親の判断でやめさせることもできます。

しかし、中学生以上になったときの部活などは、その子にとっては生きがい的になっていることが多く、また日々の練習は生活のリズムにもなっています。子供が夢中で取り組んでいることを辞めさせるのは親でもなかなか難しいしものです。なるべく費用を安く上げる工夫はするとしても限界があります。

高いなあと思いつつ、楽しそうにテニスの話をする子供の顔を見ると、親として応援したいのも正直な気持ちです。他の費用を節約しても、テニスを続けるためのお金は死守という決心を固めたところ、「吹奏楽も大変よ」という先輩ママの話。皆さんそれぞれに子供のために頑張っているんですね。

とはいえ、子育ての先はまだまだ長いわけですから、将来を見越しつつ、いくらまで出すかの判断はシビアにしなければなりません。

当初は戸惑いましたが、相場もわかってきたので、年間の予算を決めました。そして、あと何年この費用がかかるのかを確認しました。

家計は毎年毎年同じではありません。家族の成長、状況によって変化します。想定外の費用がかかって大変なときは、ほんとに必要か、いくらまで出すか、いつまでかかるかを考えて、乗り切りたいものです。
[PR]
by lifeplaning | 2016-12-16 23:30 | 坂本 綾子 | Comments(0)

2016年 11月 18日

平均貯蓄額、2016年は?

ライフプランニング公式ブログ読者のみなさん、こんにちは!
ファインナンシャルプランナーの坂本綾子です。

毎年11月になると発表されるのが、「家計の金融行動に関する世論調査」(金融広報中央委員会)。そして、この調査に含まれているのが、金融資産の保有状況すなわち平均貯蓄額です。

仕事がら毎年、見ています。今年の結果をご紹介しましょう。

調査は2016年6月17日から7月26日に行われ、対象は全国の約8000世帯。回収率は44.8%でした。

2人以上の世帯の平均貯蓄額は、1078万円。

内訳は、預貯金が596万円(55%)、保険が273万円(25.3%)、株式や投資信託などの有価証券が174万円(16.1%)などとなっています。1209万円だった昨年より131万円の減少です。

みなさまの家計と比べて、いかがでしょうか?

ここ数年、話題になっているのが、貯蓄のない世帯が増えていること。今回の調査結果でも30.9%が、金融資産を持っていないと回答しています。ただし、金融資産の定義は、定期預金・普通預金等の区分を問わず、運用のため、または将来に備えて蓄えている部分となっています。つまり、日常的な生活費として、あるいは引き落とし用に普通預金などに残しているお金は含まれません。手元にいくらあれば安心かという感覚は人により異なると思われますから、金融資産を持っていないと回答した世帯も、数十万円は持っている可能性もあります。

1078万円という平均額は、金融資産を持たないと回答した世帯については0円として計算しています。

そこで、金融資産を持っている世帯の平均額を計算してみると、だいぶ増えて1615万円となりました。

金融資産を持つ2人以上の世帯の平均貯蓄額は、1615万円。

しかし分布をみてみると、一番多いのは貯蓄なし、次は100万円未満、その次は500万円以上600万円未満、そして100万円以上200万円未満と続きます。平均よりもかなり少ないですね。1億円以上持つ人もいるため、平均は高い方に引っ張られているようです。ちなみに金額順に並べたときに真ん中に来る中央値は400万円。

平均などの数字は、どの方向から見るかによっても違ってきます。平均を知りつつ、自分の場合はいくらあれば心の平穏を得られるを考えて、目標額を決めて、コツコツ取り組みたいですね。
[PR]
by lifeplaning | 2016-11-18 23:22 | 坂本 綾子 | Comments(0)

2016年 10月 21日

人生によきアドバイザーの存在は必須?!

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの坂本綾子です。

話題のアイフォン7に、スマートフォンを機種変更しました。なぜか連絡帳の移行がうまくいかず、自分ではこれ以上無理だと、携帯ショップに行って相談。すると、「スマホ・アドバイザー」がいて、ササッと対応してくれました。アプリの不具合が原因だったようで、別のアプリを使って無事に完了。「この人、頼りなる!」と、私は日頃からの疑問もぶつけて、納得のいく回答を得ました。

自分だけでは対応できない時は、その道に詳しい人にアドバイスしてもらうのが一番。改めて、そう思いました。

現代の生活には、こんな場面が増えているように思います。私が仕事をしている金融の分野でも、前回のこのコラムで「金融商品も進化する!」と書きましたが、例えば10年前にはなかったタイプの金融商品が登場しています。親に聞いても、親も知らないし、わからないでしょう。また、社会保障制度や経済状況も変化しています。なによりも、寿命が伸びたのに、核家族化が進んだので、人生の最後まで自分の力=「自分のお金」で生き抜かなきゃいけないところが、古き良き時代とは大きく違うところです。

自分が相談する側に回ってみると、どうしよう?と困っていたことが的確な判断で解決されて目の前が明るくなる、これが優秀なアドバイザーを活用したときの醍醐味だと実感します。

そのためには、日々の勉強は欠かせません。ほんとに今の時代、変化のスピードは速いですね。来年から確定拠出年金の加入者の範囲が拡大されるなど、家計周りの制度改正なども目白押しです。お金のことなら、ファイナンシャルプランナーをぜひ活用してください。
[PR]
by lifeplaning | 2016-10-21 21:11 | 坂本 綾子 | Comments(0)

2016年 09月 16日

金融商品も進化する!

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの坂本綾子です。

科学技術の進歩はすごいものがありますね。携帯電話で写真を撮れるようになったとき、「いったい誰が携帯で写真なんて撮るの?」と思いましたが、あっという間に普及。今では私もお世話になってます。インターネットにもつながり、電子マネーも入れられます。スマホなしでは毎日の生活が成り立ちません。金融機関ではロボットのペッパー君の姿も見かけます。

私が子どものころに比べると、科学技術の進歩で、生活がずいぶん変わったなあと感慨深いです。

このように目に見える商品と違って、金融商品の進化は、一般の方はあまり意識していないと思います。しかし、金融商品も実はずいぶんと進化しています。

特に変化が著しいのは、保険と投資信託です。今回は保険について。

新しいタイプの医療保険やがん保険、貯蓄性を重視した保険も様々なものが登場しています。いったん入ったら終わりではなく、ときには自分が入っている保険と、新しい保険を比べてみてください。最近はインターネットで様々な情報が取れ、年齢や性別を入れれば保険料の試算もできる保険会社が増え、便利になっています。

保険の見直しは保険料を下げるためだけではなく、(この手の見直しは一巡したようですね)、保障の内容をしっかり比べたいもの。同じ保険会社の同じ種類の保険でも、仕組みがバージョンアップされていたり、以前はなかった保障や特約が登場したりしています。

当然、保険会社では、世の中のニーズや、経済状況を考慮し、保険料などについては試算の上で、新しい商品や特約を世に送り出しているわけです。

新しいスマートフォンが魅力的なように、保険の中にも、こういうのがほしかったと思うような新商品があったりします。

もちろん、見直しによる掛け替えには、注意点もあります。年齢が上がることにより保険料が上がる可能性があること。すでに入っている保険の方が有利なのに、目新しさに惹かれて、うっかり必要のない乗り換えをしてしまうこと。そして忘れてならないのが新しい保険が有効になってから、古い保険を解約することです。保険は身近な金融商品なのに、意外とお付き合いの仕方が難しいなあと思います。

保険関係の書類は、イザというとき、すぐに確認できるようにひとまとめにして保管し、1年に一度くらいは、保険証書を眺めて、今後もこのままでいいのか考えてみてはいかがでしょうか。
[PR]
by lifeplaning | 2016-09-16 22:32 | 坂本 綾子 | Comments(0)

2016年 08月 19日

公的年金の底力とは?

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの坂本綾子です。

特に40歳以下の若い世代の方の中には、公的年金に不安や不満を持っている人が多いようです。将来ちゃんともらえるのだろうか? 今のお年寄りに比べると自分たちの受取額は少なくなってしまう…。

私は公的年金に助けられ、そのおかげで今があるようなものなで、今回は公的年金について取り上げたいと思います。

私と母にとって、大きな助けとなったのは遺族年金です。公的年金には、65歳からもらえる老齢年金のほかに、遺族に給付される遺族年金と、障害者になったときにもらえる障害年金があります。

私が高校3年生に進級したばかりの4月末のこと、父はガンで突然、亡くなりました。具合が悪いと言って入院してから亡くなるまで、わずか1か月。親子3人の平穏な暮らしは、あっけなく壊れてしまいました。

にもかかわらず、大学に進学することができたのは、いくばくかの蓄えと、遺族年金があったからです。それまで専業主婦だった母はパートに出て働きましたが、遺族年金がなければ、その後の生活は成り立たなかったでしょう。

母に言われて、手続きのために生まれて初めて社会保険事務所に行きました。途中で道に迷い、心細さから泣きたくなったことを今も思い出します。

ずっと専業主婦だった母自身の年金はわずかで、今も母の生活を支えているのは父の遺族年金です。

万一の時に頼りになるのが保険。公的年金は、老後の生活資金のほか、遺族年金や障害年金の給付により保険の役割も果たします。

公的年金制度は社会に欠かせないセイフティネットであり、少子高齢社会において存続させていくには、老後にもらえる年金の給付水準がある程度下がることは、仕方がないと考えます。もちろん、上手に運用して無駄なく給付してほしい。情報開示をしっかりしてほしいものです。これまでも、様々な制度変更が行われましたが、今後も変更があるでしょう。加入者はしっかり見ていく必要があります。

公的年金はもちろんのこと、公的な制度をよく知り、利用できるものは利用する。これは生活を守るために大事なことですし、行政の側に、どういった制度が求められ、需要があるかを知らせることにもなります。

その上で、貯蓄や投資などの自助努力を行うということですね。

不安や不満を口にする人ほど、聞いてみると、仕組みをよくわかっていないケースも多いので、ぜひ一度、どんなときにどんな給付が受けられるか、確認してほしいと思います。
[PR]
by lifeplaning | 2016-08-19 22:14 | 坂本 綾子 | Comments(0)

2016年 07月 15日

漢字のテスト、焼肉定食はマルか、バツか

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの坂本綾子です。

今回は次男の友達の話を紹介します。

小学校の漢字のテスト。四文字熟語の問題は定番ですね。次男が小学生の頃、友達が珍解答で教室を沸かせました。

問題は……、「□肉□食」で、□に入る漢字は何か。

これに、自信を持って「焼肉定食」と大きな声で答えた男子1名。教室は爆笑の渦だったとか。正解は……、「弱肉強食」です。

次男に「お腹すいていたのかな、よっぽど肉が好きなの?その子」と聞くと
「うん、すごい肉食!しかも大食い、体ちっちゃいのに」との返事。
「そっか、焼肉、食べたかったんだね。先生、マルにしてくれなかったの?」と私。
「んなわけないでしょ」と次男。
「でも、間違ってはいないよね。焼肉定食も四文字熟語といえば四文字熟語だよね」
「学校では習わないもん。お母さん何言ってるの?ありえねー。マルもらえるはずないでしょ」
「確かに漢字ドリルには焼肉定食は出てこないね」
次男の方がよほど冷静に大人の発言をして、会話終了。

でも、世の中にちゃんと存在する単語だし、私が先生だったらマルにしてあげたいと思ったものです。

その後も、その子は、漢字テストに限らず、様々な珍解答でみんなの人気者に。あまりにも強烈で、今でもその子の顔を見るたびに「焼肉定食」の四文字が浮かんできます。

余談ですが、数年前からよく使われる言葉に「草食系男子」というのがありますね。なぜか次男も含め周りには肉食系が多く、給食が肉の日は、お代わりを取り合って大変だとか。中学生になった肉食男子の食べること食べること。習い事や塾の費用もけっこうかかりますが、我が家のエンゲル係数、当分高止まりしそうです。
[PR]
by lifeplaning | 2016-07-15 22:33 | 坂本 綾子 | Comments(0)

2016年 06月 17日

今や「ふつう」は「ぜいたく」?

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの坂本綾子です。

中学生の頃だったでしょうか? 専業主婦だった母はよく「ふつうが一番」と言っていました。頭でっかちのとんがり中学生だった私は、「ふつう」なんて「ふん」って感じでエキサイティングな人生を夢見ていました。「ふつう」なんて当たり前に、誰にでも、たいした努力もせずに手に入るものだと思っていたのです。

しかし、結婚して親になってみると…、ごくふつうと思っていた暮らし、家の中や衣類を清潔に保ち、子どもを健やかに育て、その時々に必要なものを手に入れるには、日々の努力と、それなりのお金が必要なことを思い知らされました。

FPとして子育て世帯の家計を拝見するようになってからは、特に首都圏では、親からの援助なしに夫婦2人だけの力で、2~3人の子どもへの十分な教育、車、暮らしやすい地域の住宅を手に入れることは、なかなか大変であることを実感します。

子ども1人につき教育費1000万円などと言われますが、進路によってはもっとかかります。車も、住宅も、理想を追求すれば、その分、価格は高くなります。地方在住の場合は、住宅費は首都圏より安く済みますが、子どもが首都圏の私立大学への進学を希望するケースでは、学費に加えて仕送りも必要となり相当な費用がかかることになります。

ここまでだって大変なのに、無事に子育てを終え、住宅ローンを払い終わったあとの時間がけっこう長いのですね。寿命が延びたのは幸せなことですが、その分の生活費を現役時代に準備しておく必要が生じたわけです。

特別ぜいたくをしたいわけじゃない、ごくふつうの暮らしでいいのに、一体いくらあれば足りるの???

しかしまあ、あまり深刻にならず、ざっくり考えてみると、昔々は子育てが終わるころには大方の人は寿命が尽きていたのでしょう。現役ではない時代(=老後)が長くなったことは、家計のやりくりが大変になった大きな理由の一つだと思います。それなら寿命が延びた分、現役時代を伸ばせばバランスを取りやすくなりますよね。実際、60代以降も働く人が増えています。働かざるを得ないというのが現実なのかもしれませんが。

なるべく長く働いて生涯収入を増やす。これは家計の最大の攻撃であり防御にもなります。

というわけで、私も元気な限り働くつもりですが、それには健康でなければ…、健康のためには食事が大事…、というわけで今日もしっかり食べました。食べすぎかも…。
[PR]
by lifeplaning | 2016-06-17 22:25 | 坂本 綾子 | Comments(0)
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.