人気ブログランキング |
Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2014年 05月 09日

生命保険信託

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!

マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーのキムラミキです。

前回、お話をするといっていた生命保険信託。
生命保険信託とは、どのようなものなのでしょうか。


通常、生命保険(死亡保障)に加入し、
その被保険者が死亡すると、受取人に保険金が支払われます。
しかし、その受け取り方法は、あまり細かく設定することができません。

例えば、死亡保障3,000万円という生命保険であれば、
受取人に3000万円という保険金が一時金として支払われることになるか、
商品によっては年金受け取りもできる…といった程度の
設定しかできません。

これが生命保険信託の仕組みを使うと、
生命保険の加入者が死後に支払われる保険金について、
受取人や受取時期などを契約時に細かく設定できます。

障がいのある方、特に判断能力にハンデがある方が
多額の保険金を残されたとしても、
上手に使いこなせるか、という点に不安が残ります。
保険金を残した方の思い描いた通りに使われないことも考えられます。

仮に一時金で支払われるタイプの死亡保障に加入していたとしても、
その保険金の中から、毎月一定額を
受取人に支払ってもらうように設定をしておいたり、
その保険金が全部支払われないままに受取人が死亡した場合に、
保険金を受け取る人を予め決めておいたり、できます。

現在は、この生命保険信託の仕組みをもつ保険会社は限られていますが、
個人信託契約を活用することも視野に入れると、
活用の幅は広いものと考えています。
by lifeplaning | 2014-05-09 07:16 | キムラ ミキ
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.