Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2014年 05月 30日

ラッキー7の裏話

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
マイアドバイザーザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの佐藤益弘です。

初めまして!
実は、このブログの運営監督(というと格好良いですが・・・)を長らく担当していますが、ブログを書かせて頂くのは“お初”です(笑)。
節に、よろしくお願いいたします。

さて、みなさんは、自分自身のラッキーナンバーをお持ちではないでしょうか?
「ここぞ!」というときに出す数字です!
決めていませんか?

私は(内緒ですが・・・)決めています!

よく、日本では縁起の良い数字として「8」を上げられる方が多いでしょう。
「8」は「末広がりの“八”」ということで、徐々に良くなっていくという意味から重宝がれます。

逆に「4」は“死”を連想し、「9」は“苦”を連想することから、「ここぞ」と言うときには使いづらい数字です。

ただ、海を越えたアメリカでは、「9」は嫌われているようですが、「8(エイト)」も、タコ(悪魔の化身)の脚の数と言うことで忌み嫌われているようです。

何と言っても「ラッキー“7(セブン)”」ということで、「7」を上げる方が多いでしょう。

なぜでしょうか?

その昔、メジャーリーグの優勝決定戦で、7回に奇跡が起こり、大逆転の上優勝したとか、あるチームが7回の攻撃で得点をすることが多いので・・・と言われ、事実、アメリカ・メジャーリーグベースボールでは、7回裏の前に「Seventh-inning stretch」と呼ばれるちょっとした休憩時間が挟まり、「Take Me Out to the Ball Game(わたしを野球に連れてって)」をスタジアム全体で歌うことが恒例となっています。

ただ、私の聞いた話は少し違います。

まずお伝えしておきますが・・・これはダジャレです。

数字を英語で数えてみましょう!

1(ワン)、2(ツー)、3(スリー)、4(フォー)、5(ファイブ)、6(シックス)、7(セブン)、8(エイト)、9(ナイン)・・・

7(セブン)、8(エイト)、9(ナイン)・・・

「7 ate(エイト) 9」・・・となり、小さいはずの「7」と言う数字がそれより大きい数字の「9」を食べたという意味の文章になります。
つまり、「7」が「9」に勝った という意味になるので、「縁起が良い」と言うことだそうです(笑)。

人はとかく、追い詰められたときに、無心になるため、縁起担ぎをします。

例えば、じゃんけんもそうで、私は、日曜18:50過ぎになると、何を出すのか? いつもドキドキします(サザエさんとの対決です;笑)。

根拠は兎も角、「信じるモノは救われる?!」 一度、統計など取って確認してみたいモノです(笑)。
by lifeplaning | 2014-05-30 08:00 | 佐藤 益弘
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.