Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2014年 07月 02日

投資信託 「分配金の質」について考える

「ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの恩田雅之です。」

毎月分配型投資信託は、1万口当たりの分配金の金額(量)にどうしても
関心がいってしまいます。

分配金は、普通分配金と特別分配金(元本払戻金)の2つに分かれます。
普通分配金は、個別元本を上回る部分からの分配金になり、利益が出る
ので税金が掛かります。

特別分配金は、個別元本を下回る部分からの分配金になりますので、元
本払戻金と呼ばれ税金は掛かりません。特別分配金を受け取ると、その
分個別元本は下がります。

普通分配金と特別分配金に関しては、当期の運用成績よりも、購入した時
期によって左右される方が大きいかと考えます。
(投資信託の基準価額は、日々変動する為)

次に「分配金の質」について考えていきます。
投資信託の運用報告書には、「分配原資の内訳」が記載されています。
内訳は「当期の収益」と「当期以外の収益」で構成されています。
特に、毎月分配型の投資信託は、「当期の収益」で賄えない部分は「当期
以外の収益」でカバーすることで、安定した分配金を出すように工夫してい
ます。

但し、「当期以外の収益」で分配金を支払いますと、過去の貯めておいた
分配金原資が減少していきます。分配金原資の減少が続きますと、分配金
の引下げが行われます。

分配金を楽しみに投資信託を選ぶのであれば、どこの収益(「当期の収益」
「当期以外の収益」)から分配金を出ているのか、しっかりとチェックしておき
ましょう。

「運用報告書」は、インターネットでも見ることができます。
[PR]
by lifeplaning | 2014-07-02 09:00 | 恩田 雅之
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.