Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2015年 05月 30日

自宅の住み替えや空き家とFP ~中古住宅・リフォームの現状と問題点 シーズン2-④

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!

マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの佐藤益弘(よしひろ)です。

前回 の続きです。

前回は、総務省「住宅・土地統計調査」(2014年)と「住宅着工統計」のデータに基づき、中古住宅(既存住宅)の取引量(流通量)とその割合の推移を見ていきました。

今回は、中古住宅(既存住宅)の国際比較を見ていきましょう。


図を見ると中古住宅(既存住宅)の取引量・割合とも日本は
13.5%となっており、欧米諸国(※)と比べると16程度の低い水準にあります。

※アメリカ=515.6万戸/571万戸(90%)

イギリス=71.1万戸/82.1万戸(87%)

フランス=59.4万戸/92.8万戸(64%)


図:
住宅流通量の国際比較

a0112619_22381012.png

日本:住宅・土地統計調査(平成20年)(総務省)、住宅着工統計(平成21年)(国土交通省)、アメリカ:Abstract of the U S 2009 イギリス:コミュニティ・地方政府省(URL http://www.communities.gov.uk/)(既存住宅流通戸数は、イングランド及びウェールズのみ)、フランス:運輸・設備・観光・海洋省(URL http://www.eqipment.gouv.fr/

環境問題や環境循環型社会が叫ばれて久しいのですが、明らかにこの水準は低く、今後、この水準を引き上げようとする政策が準備されているようです。


このような状況の中、私たち実務家
FPへのコラム執筆や講演、相談依頼は増えています。

今日は・・・ココまで(笑)


次回を、お楽しみに!


[PR]
by lifeplaning | 2015-05-30 03:38 | 佐藤 益弘
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.