Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2015年 06月 04日

インフレに備えた マネー管理とトレード・オフ

「ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの恩田雅之です。」

「お金に色はついていない」という言葉がありますが、マネー管理をするため
には、積極的にお金に色(区別)を付けていきましょう。

お金は、3つに色づけできます。
1つ目は「使うお金」。
2つ目は「貯めるお金」。
3つ目が「増やすお金」になります。

「使うお金」は、日々の生活費や急な出費のためのお金になります。
すぐに使えるお金です。すぐに使えることを「流動性が高い」といいます。

「貯めるお金」は、使う時期が決まっているお金になります。
一般的に使う時期まで5年~10年ぐらいの時間ありますが、子どもの入学
など時期をずらす事ができないイベントに備えるお金です。
このお金の運用では「安全性」、元本が減らないことが重要です。

「増やすお金」は、元本が変動する等のリスクを取りながら、運用していくお金
になります。このお金が「インフレ」に備えるためにお金になります。
ここでは、株や投資信託など相対的に利回りが高い、収益性のある金融商品
で運用するお金になります。
「増やすお金」は、お金の3つの色づけの中で、最も長期間そこへおいておける
お金(資金)になります。たとえば、老後資金等に使うお金になります。

また、増やすためには「収益性」を優先させます。
すぐ使える「流動性」や元本が減らない「安全性」について期待することは禁物です。
「収益性」「流動性」「安全性」の3つをカバーする金融商品はありません。

何かを選択すると、何かを諦めなければならない事を「トレード・オフ」といいます。
マネー管理は「トレード・オフ」を意識して行うようにしましょう。
[PR]
by lifeplaning | 2015-06-04 09:00 | 恩田 雅之
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.