Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2015年 09月 23日

自宅の住み替えや空き家とFP                            ~中古住宅・リフォームの現状と問題点 シーズン2-⑩

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!

マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの佐藤益弘(よしひろ)です。

前回 の続きです。

前回は、リフォーム市場の課題について 見ていきました。

今回は、住宅寿命について 考えていきましょう。

よく出てくるデータですが、欧米に比べ、日本の住宅寿命が短いと言われています。

図を見ると、日本が27年に対して、アメリカが66.6年、イギリスが80.6年となっています。

これも日本が木造家屋中心で、移築が容易な「木の文化」であるのに対して、欧米は「石の文化」と言われ、建物が頑丈である≒住宅の質的な違いもあるので、単純に期間が短い長いという比較はすべきではないのですが・・・一応、目安として知っておきましょう。


住宅寿命

日本:総務省「平成15年、平成20年住宅・土地統計調査」(データ:2003年、2008年)

アメリカ:U.S.Census BureauAmerican Housing Survey 20032009」(データ:2003年、2009年)http://www.census.gov/

イギリスイングランド):Communities and LocalGovernment 2001/02 , 2007/08 Survey of English Housing

(データ:2001年、2007年) http://www.communities.gov.uk/

より国土交通省推計

今日は・・・ココまで(笑)

次回を、お楽しみに!
[PR]
by lifeplaning | 2015-09-23 03:33 | 佐藤 益弘
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.