Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2015年 10月 11日

米ドル戦後最高値からもうすぐ4年。私たちが考えたいこと。

こんにちは。

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!

山口県のファイナンシャルプランナー、上津原です


今回は、4年前に私が書いたニュースレターから世の中を振り返ってみたいと思います。

以下、当時のことに思いをはせてご覧ください。
a0112619_11211813.jpg


 今日(2011年10月31日)に、円ドル相場が戦後最高値をつけた後に、円安になるように為替介入を行いました。


 1ドル=75円前半だったものが、一気に79円前半になりました。日本経済を守るために、欧米からの批判覚悟で行ったのだと思います。


 アメリカが守りたい株式市場はダウ平均が12000ポイント台を回復し、ヨーロッパが守りたい債券市場は、ギリシャ国債の損失負担についてとりあえずの方向性が示されました。アメリカもヨーロッパも今のところ経済的に落ち着いているので、日本の言い分も通りやすかったのでしょう。


 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)に日本が参加するかどうかで、世の中が大きく揺れています。農業、工業、サービス業それぞれでいろいろな影響が出るようです。日本から外国に向けていろいろなものが売りやすくなる反面、外国から日本に向けていろいろなものが入ってくることになります。となると、同じようなサービスや商品であれば、結局は価格が安いほうを買ってしまうということになってしまうかもしれません。それでは、私たちは世界の荒波に飲み込まれてしまいます。


ではどうしたらよいかといわれると、私たち一人一人の自分らしさや日本人らしさを大事にすることだと思えてなりません。

仕事で例えるなら、どんな気持ちで仕事をしているか、どのような価値観のお客様とお付き合いしたいか、他にはない独自のサービスや価値は何かといったことです。

商品やサービスを買う側から言えば、本当によいものであれば値段が少し高くても日本製を買う、地元のものを買うといったことです。


最近、フェイスブックで山口県の産品を山口県に住んでいる人や実際に商品を買っている人を巻き込んでPRする姿を多く見かけるようになりました。会社からすると、商品を売るのではなく、商品を使っているライフスタイルを売るということになるのでしょうか。その考え方に、私たちが環境の変化に対して生き抜くためのすべが隠されているように感じます。


皆さんも、ご自身が行きぬくための方法について考えてみませんか。


4年前の出来事は、今起きていることとつながっているのですね。皆さんは、4年前にどのようなことを考えて今日に向けての準備をしてきましたか。大きく変わろうとしている世の中で、変わっていいものと変わらなくてよいものとがあるのではないでしょうか。

地方にいる私は、人間としての在り方や春夏秋冬といった、変わらないものにもっと着目していきたいと思います。


※写真は、広島県庄原市大鬼谷オートキャンプ場のツリーハウスです。




[PR]
by lifeplaning | 2015-10-11 11:37 | 上津原 章
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.