Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2016年 09月 07日

為替レートをみる時の注意点

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの恩田雅之です。」

円高・円安という為替レートの話題がよくニュースになります。
主に円高・円安の判断は、円と米ドルの為替レートで比較されます。
現在、1米ドル100円を割り込みますと円高と判断されています。

これは、輸出企業の想定為替レートを105円、103円といった水準で設定している
ため、それを上回る円高になった場合、企業業績を引き下げる要因になるためです。

為替レートを計算する時、基準になる通貨が米ドルになります。
ユーロやポンド、豪ドル、ブラジルレアルなど他の通貨と円を比較する場合、
他の通貨と米ドルの為替レート、米ドルと日本円の為替レートを使い計算します。

例えば、1ユーロが1.13米ドル、1ドルが100円の場合

1.13米ドル×100円=113円 がユーロ/円の為替レートになります。
ポンドや豪ドル、ブラジルレアルなど他の通貨についても同じように計算します。

ですから、米ドル以外の通貨が強くなっているか、弱くなっているかをみるには、米
ドルと他の通貨の為替レートから判断する必要があります。

例えば、その通貨(例えば豪ドル)が米ドルに対して強くても、米ドルに対して円が強
い場合は、その強さが円高により相殺されてしまいます。

1豪ドルと0.75米ドルの時、1米ドル=100円と110円で豪ドルと日本円の為替レート
を計算してみますと、

1米ドル=100円の場合 0.75米ドル×100円=75円(1豪ドル)
1米ドル=110円の場合 0.75米ドル×110円=82.5円(1豪ドル)
になります。

米ドルと日本円は、直接比較して為替レートが算出されますが、他の通貨には米ドルを
間に挟んで間接的に為替レートが算出されます。
米ドル以外の通貨と日本円を比較する時には、米ドルと他の通貨の為替レートの動きに
も注目する必要があります。
[PR]
by lifeplaning | 2016-09-07 09:00 | 恩田 雅之
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.