Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2016年 10月 05日

購入のタイミングの分ける 時間分散の効果について

「ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
マイアドバイザー®jp登録ファイナンシャルプランナーの恩田雅之です。」

株式や債券、リートなどのリスク商品は、分散投資をすることによりリスク(価額の
振れ幅)を抑える効果があると言われています。
分散投資の主な種類は、3つあります。
1.資産の分散 株や債券、リートなどへの分散投資
2.地域の分散 日本、米国、EU、新興国などへの分散や通貨の分散
3.時間の分散 投資のタイミングを何回かに分ける

時間分散の代表的な投資方法として「ドル・コスト平均法」という投資方法があります。
これは、定期的の同額の投資を行うことで、平均の購入単価を低く抑える効果を期待
投資方法になります。以下、ドルコスト平均法の効果についてみていきます。

今回は投資回数 12回、1回あたりの投資額は10万円として、3つのパターンを比較
してみます。

1のパターン 10,000円と7,000円の間で価額が変動。
2のパターン 10,000円、8,000円、6,000円の間で価額が変動。
       (7,000円を中心に上下1,000円変動)
3のパターン 10,500円、10,000円、3,500円の間で価額が変動。
       (7,000円を中心に上下3,500円変動)

それぞれの平均購入単価の結果以下の通りでした。
パターン1  8,235.3円
パターン2  7,659.6円
パターン3  6,237.6円

a0112619_1222211.png


価額の変動幅が最も大きいパターン3の平均購入単価が最も低く、ドルコスト平均法の
効果が高くなりました。
何となく矛盾しているように思われますが、ドルコスト平均法を活用してリスクを抑えるた
めには、ある程度の価格変動リスクを許容する必要があるようです。

また、価額が上がり続けるマーケット、価額が下がり続けるマーケットではドルコスト平均
法の効果を得ることができない点も押さえておきましょう。

以上 時間分散の効果についてみてきました。
[PR]
by lifeplaning | 2016-10-05 09:00 | 恩田 雅之
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.