Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2009年 07月 25日

給与明細を見てみよう~所得控除8・配偶者控除(後半)

ライフプランニング ブログ読者の皆さん、こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの平川すみこです。

昨日は九州北部地方が豪雨に襲われました。
被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。

実は仕事で朝から岡山へ出張していた私。
岡山ではほとんど雨は降っていなかったのですが、
午後7時頃新幹線で博多駅に戻ってきてビックリ!!

大雨と強風の影響で、新幹線を含むJR線が全線運休に…
いつ復旧するかメドが立たない中、待つこと4時間ちょっと。
午後11時過ぎになってようやく各駅停車での運行が再開し、
無事に帰宅することができました。

バスや地下鉄のルートでもっと早く帰ることができたかもしれないのですが、
そちらに移動してすぐにJRが復旧したら悔しいし(←そういう問題じゃないケドですね)
博多駅から降車駅までの乗車券がもったいないし(←要はケチ?)
結局どれくらい待つことになるのか見届けたい(←好奇心というかなんというか)

ということで、延々と待ち続けました。

その間に持っていた本を1冊読み終わり
勉強中の某資格試験の答練の復習をひととおりやって、
携帯でメールしたり、ネットで調べものしたり、姉と電話したり、と
時間をつぶすのには事欠かなかったのですが、

携帯電話の充電が・・・なくなってしまいました!!
これはすっごい不安になりますね008.gif

予備の充電器をいつも持ち歩いている友人がいますが、
こういう時のために見習わなくては、と実感したのでした。

さて、今日は所得から差し引くことができる「所得控除」のその8。
『配偶者控除』の後半についてですね。

前回(7月22日)のクイズ、わかりましたか?
では、答えの発表です。060.gifジャジャジャーン

問題1 すみれさんが生活費の足しにとパートを始めて、
     年間のパート収入が96万円になった場合。
    ↓
   【答え】ヒロシさんは配偶者控除を受けられる。
       (すみれさんはヒロシさんの控除対象配偶者になる)

       パート収入は給与所得に該当します。
       給与収入から差し引ける経費である給与所得控除額は最低65万円なので、
       給与所得の金額は31万円ですね。
       控除対象配偶者の要件である『合計所得金額が38万円以下』ですので
       配偶者控除の適用ができます。

問題2 すみれさんが生活費の足しにとパートを始めて、
     年間のパート収入が103万円になった場合。
    ↓
   【答え】ヒロシさんは配偶者控除を受けられる。
       (すみれさんはヒロシさんの控除対象配偶者になる)

       問題1と同様に計算してみると、給与所得の金額は38万円ですね。
       ということで、ギリギリセーフで、配偶者控除が適用できます。
       
ちなみに問題2の場合、(すごい極端な話ですが)あと1円でも収入が増えると
合計所得金額は38万円を超えてしまいますので、
すみれさんはヒロシさんの控除対象配偶者ではなくなって
配偶者控除は適用できなくなります。

38万円控除できるかできないか、この差は大きいですよね。

ですので、パートをする際にも、年間のお給料の合計が
103万円を超えないように、調整される方もいらっしゃいますよね。

これが、いわゆる『パートの103万円の壁』なんですね~。

実はこの配偶者控除(103万円の壁)が、既婚女性が外で思いきり働くことを
阻害する要因になっているとも言われています。

それによって、女性の労働力(持っているパワー)が十分に活かされないなんて
もったいないな~と思うのですが、皆さんはどう思われますか?

問題3と問題4の答えは、長くなりましたので、次回へ続きま~す。
(あれ?今回後半だったんじゃなかったっけ? いえ、何でもアリっすから、私の場合)
by lifeplaning | 2009-07-25 13:30 | 平川 すみこ
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.