人気ブログランキング |
Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2009年 09月 16日

学びの秋と地震保険~FP平川のつぶやき

ライフプランニングブログ読者の皆さん、こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの平川すみこです。

新型インフルエンザの感染が拡大してきていますね。
実は、息子の通う高校も先週から今週の月曜日まで休校でした。

休み慣れしてしまった息子は、昨日今日とかったるそうに学校に行っています。
金曜日までがんばれば、またすぐ連休なのにねえ。

さて、大学も今週から後期がスタートしたところが多いのでしょうか。
学内で行うFP講座(就職支援講座やエクステンション講座などです)も
スタートし、私も大学へ通う回数が多くなります。

社会に出る前の学生の時期に、生活全般にかかわりのある
お金の知識を学べるというのは、とっても良いことですよね!!
私自身、もっと早く知っておきたかったと思いますもん。

学生のうちはまだ、社会経験が少ないので、
今はすんなりと理解できないところも多いようですが、
“お金や経済、世の中のしくみってそうなってるのかあ”と楽しんで学んでほしいですね。


ところで、別のFP講座の受講生の方から
「単独で加入できる地震保険があると聞いたのですが…?」とご質問をいただきました。

地震保険は、火災保険に付帯する形式での契約のため、
火災保険に加入しないと、地震保険にも加入できません。
つまり単独で地震保険に加入することはできないのです。

で、ご質問の地震保険というのは、通常の地震保険のことではなく、
「地震費用保険」のことのようです。

最近では、震災等で被災した後の生活再建のための費用〔※〕を
補償するという保険も登場しています。
 ※被災した住居の建替え、補修費用、緊急避難・引越し費用、
  仮住まいの家賃、ホテル代、生活必需品購入費用等

こういった地震費用保険であれば、地震保険と違って
火災保険加入の有無にかかわらず、単独で契約ができます。
もちろん、現在加入している地震保険の上乗せとして加入することもできます。

また、地震保険が建物および家財の補償のため、
その価額に応じた補償額であるのに対し
地震費用保険では、世帯人数に応じた補償額が決定され、
保険金の使途も自由なんですね~。

保険は万が一という損害・リスクに備えて加入するもの。
さまざまなリスクに対応するために、保険商品も日々開発・進歩されています。

万が一の際に十分な補償となりうるかどうか、
加入の際にしっかり検討しておくことが必要ですよね。

どういった保険商品があるのか、情報収集もして
我が家にあった適切な保険を選んでいきましょう!!
(そういったことが学べるのもFP講座で~す ←ちょっとPR♪)
by lifeplaning | 2009-09-16 12:30 | 平川 すみこ
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.