Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2012年 04月 30日 ( 1 )

2012年 04月 30日

緊急入院ってどんな感じ?

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの田中尚実です。

前回書いたように、私は4月3日の夜に救急搬送されそのまま入院となりました。

通常であれば、それまで治療や検査を受けていて、医師の診療計画に従い、
「○月○日から入院治療をはじめましょう」となるので、あらかじめ準備
ができますが、私の場合は緊急入院だったので、慌てましたね〜。
正確に言うと、私自身というよりも家族が。

どのような病気なのかケガなのか、また運ばれた病院により一様ではありま
せんが、私の場合で入院に至るまでの様子ををお伝えしたいと思います。
緊急入院なんて皆さんの身には起こって欲しくないですが、知っておくと
多少の心構えができると思いますので。

さてさて、4月3日の夜です。あの日は爆弾低気圧なるものが日本列島に
強風や大雨をもたらした日でした。夕食を終え、ソファでウトウトして
目を覚ますと耳鳴りがしていました。
まあ、そのうち治るだろうと思いつつ1時間程仕事をしていると、
突然めまいが襲ってきました。
ちょっとコレなんかヤバいぞ、と思った私はとりあえず寝室のベットヘ移動。
数十秒後には、めまいは激しさを増し、嘔吐が止まらず…。
歩くことすらできないので、抵抗はありましたが、救急車を呼んで
もらいました。

119番をすると「火事ですか?救急ですか?」と聞かれるそうです。
しかし、「助けて〜!ぐるぐる回る〜!!」と叫ぶ、尋常じゃない私の姿を
目の前にしながら電話をしている夫は、動転して何を聞かれているのか
一瞬わからなかったそうです。

救急車が到着するまでの時間は、恐らく10分はかからなかったと思いますが、
ものすごーく長く感じましたね。
救急隊の方は3人。めまいと嘔吐がひどいので、タンカに乗せるのも、
運び出すのも相当大変だったと思いますが、私を救急車に運び込むと、
すぐに年齢、性別、症状を伝え搬送先を探し始め、病院が決定し、
出発しました。
テキパキした対応は頼もしかったです。

それにしても、私の生年月日を聞かれているのに自分の生年月日を
伝えていた夫(笑)
苦しくてしゃべれませんでしたが、「オイオイそれ自分の生年月日だろ〜!」
とツッコミたかったです。
夫がいかに動揺していたかがわかります。

病院に向かう時、お財布や健康保険証等を持って行くことは思いつくと
思いますが、私のように家から搬送された場合、とりあえず持っていった
方がいいものって何だと思います?

それは靴です。

救急隊の方が夫にアドバイスしてくれたそうです。
処置をして、帰ってこられる場合もありますからね。
その時、靴がないと困るそうです。
[PR]
by lifeplaning | 2012-04-30 11:39 | 田中 尚実
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.