Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ

2012年 05月 15日 ( 1 )

2012年 05月 15日

引受条件緩和型医療保険

ライフプランニング公式ブログ読者の皆さん、こんにちは!
ファイナンシャルプランナーのキムラミキです。

前回、生命保険の話題だったので、
今週も、生命保険についてお話ししようかと…。

生命保険商品の中でも、
特にご相談者の関心が高いのは医療保険。

しかし、関心が高い方ほど、
実は高血圧や糖尿病などの持病があるケースも多いです。

その場合、テレビや新聞で
盛んにCMされている引受条件緩和型医療保険について
質問をされることも多いので、
今回は、その概要とメリット・デメリットを
まとめてみたいと思います。

引受条件緩和型医療保険とは、
一般的な医療保険よりも少ない告知項目(3~5つ程度)に
当てはまらなければ加入が可能な医療保険です。

そのため、持病があるなど健康状態に不安をお持ちで
一般的な医療保険に保険への加入を諦めていた方でも、
加入できる可能性があります。

しかし、引受条件を緩和している分、
保険会社としては入院給付金等の支払いリスクが高まりますので、
保険料は、一般的な医療保険に比較すると割高です。

ただし、当初、引受条件緩和型医療保険を検討されていた方でも、
病状等(血圧数値や血糖値、服用している薬の名称等々)を
保険会社の告知基準に照らし合わせると、
実は、一般的な医療保険に加入できたというケースもあります。

加入しやすいが、割高である引受条件緩和型医療保険にしか
入れない…と思いこむのではなく、
まずは、一般的な医療保険の引き受け基準について、
確認されることをおススメしたいと思います。
[PR]
by lifeplaning | 2012-05-15 16:28 | キムラ ミキ
Copyright c 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.